2019年05月31日

蜂蜜狙われ10日連続の養蜂場も…石川県内で『クマ』出没相次ぐ 県担当者「子熊が親離れし分散」

情報元 : 蜂蜜狙われ10日連続の養蜂場も…石川県内で『クマ』出没相次ぐ 県担当者「子熊が親離れし分散」石川テレビ https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190530-00001093-ishikawa-l17

 今週に入り、石川県内でクマの出没が相次いでいます。今のところ人への被害はありませんが一体なぜこの時期に相次いでいるのでしょうか。
 今週に入り、石川県内で相次ぐクマの出没。27日、宝達志水町の国道159号線や志雄パーキング付近に姿を現しました。ブドウ畑には大きな足跡も…。
付近の住民:
「怖い感じ…。早く捕まってほしい」
 その後クマは北へ…。28日には住宅街の羽咋市大川町に出没。
 警察や猟友会が2時間以上にらみ合いを続けましたが捕獲には至りませんでした。
 そして29日は羽咋運動公園や南羽咋駅などに出没。近くの住民が全速力で走るクマの姿を捉えました。
撮影者:
「見てクマだと、すぐに分かりました」
 その後、クマは再び宝達志水町で姿を現します。近くでクマが目撃された小学校では登校時間、教師がさす又を持ち出して警戒を行いました。
 目撃があったのは中能登だけではありません。ここ数日、金沢市や小松市でもクマが出没しています。このうち金沢市金川町では…。
(リポート)
「金川町の養蜂場に来ています。こちらにクマの足跡があります。この保冷庫の中のハチミツを目当てに10日連続現れているようです」
養蜂場の人:
「巣を引っ張り出して蜜のあるやつを食べていく。ここにハチミツが入っているのも分かっていて、檻があるのも分かっている。賢いクマや。どうにかこの檻に入ってくれんかと。被害が少ないのを願うだけ」
 この時期、一体なぜクマの出没が相次いでいるのでしょうか。
石川県庁自然環境課野上課長補佐:
「2017年に生まれた子熊が親離れして分散している。爪とかは大きくなっているので危ない」
 クマの移動スピードは時速40キロ以上。一日で数十キロ移動することもあるため、どこに現れても不思議ではない状況です。
石川県庁野上課長補佐:
「市や猟友会と連携してパトロールを強化していきます」
 クマの繁殖時期は7月まで。登山シーズンを迎えるこれからの時期さらなる警戒が必要です。


posted by ちぇき at 16:34| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。